↓ 4900円!安心の60日間返金保証付 ↓

> プロアクティブ30日トライアルセットでお試しニキビケア! <

ニキビの原因

大人ニキビの発生原因や過程、ケア方法について書いています。

 

一度できると治りにくく、

跡にもなりやすくて厄介なニキビが「大人のニキビ」です。

 

繰り返し同じところにできてしまうのも悩みの種ですよね。。。

そんな大人ニキビのスキンケアで大切な事は


・大人ニキビができる原因を知る

・症状に合った適切なスキンケア方法を取り入れる


そこで、このページでは大人ニキビができる過程についてまとめています。

 

大人ニキビができる過程

1 にきびが出来始める

角質が角化異常を起こして毛穴の出口を狭くする(詰まり)

原因は余分な皮脂の分泌や、男性ホルモンの影響など。


一口メモ:閉鎖された状態の毛穴は、塗り薬も浸透しにくい


2 白ニキビができる

出口が狭くなった毛穴の中に皮脂が溜まり、

アクネ菌が繁殖する事で炎症を起こし、初期段階の白ニキビになる。

 

3 炎症が起こる

炎症によって、毛穴の中や周りが赤く腫れ上がる。

白血球がアクネ菌を攻撃し始めている状態でもあります。

この状態が赤ニキビ、ひどくなると黄ニキビとなっていきます。

 

一口メモ:寝不足が炎症を悪化させる場合もあるので注意。

 

4 ニキビ跡ができる

炎症が進むと毛穴の壁が壊れ、

炎症が広がってしまったり、凹んで跡になってしまったりする。

 

一口メモ:

ニキビ跡になるのは、潰したからという理由だけではなく炎症が強くなり過ぎた事で凹んでしまう場合もある。

 

まとめ

ニキビは出来始めからニキビ跡まで、白ニキビ、赤ニキビなど段階を経て悪化していきます。

また、ニキビは突然できたように感じますが

実は表面上では分かりにくい肌内部ですでに炎症が起こっていて、それがある日肌の表面に出てくるといった仕組みになっているようです。

 

ある程度内部での炎症期間があるため、

肌の表に出てきた時にはすでに最終段階だと思った方が良いようです。

 

ニキビは出来た後よりも、予防が大事とはよく聞きますが

見えてない時期から、肌内部での潜伏期間があるからニキビケアは大事なんですね。

 

まとめ

ニキビケアはニキビができる前に日々の「予防」で対策することが一番大事。

 

 

© 2016 大人ニキビを治す方法 rss